PHPでCSVを読み込む

以下のファイルを用意する
test.php

sample.csv

実行結果

行番号とヘッダのカラム名からアクセスできるようにした
var_dumpで出力しているので以下のように表示される

クラス化してヘッダの情報とレコード情報を別々に取り出したり、編集や書き出しができるようにするのもよい

説明

9~11行目

csvファイルの存在チェック

15~26行目

最初の行はヘッダなのでカラム名を覚えておく
覚えておいたカラム名は各行の値を連想配列に格納する際に使用する

参考

PHP Documentation:is_file
PHP Documentation:SplFileObject

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする