Makeでビルドする

Make はビルドを補助するツールの一つで、実行ファイルを作る際にファイルの更新時間をチェックして必要なファイルのみ再コンパイルを行いリンクをする

「gcc」と「mingw32-make」を利用してビルドする

以下のファイルを用意する

  • calc.h
  • calc.cpp
  • main.cpp
  • Makefile

calc.h

calc.cpp

main.cpp

Makefile

これらのファイルのあるフォルダで「Windows Power Shell」を開き以下を入力するとMakeファイルに従ってビルドが実行される


※「gcc」と「mingw32-make」はパスが通っている前提とする

ビルドが完了すると実行ファイルが作成される

test.exeを実行すると実行結果が表示される

参考

GNU make

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする